2012年05月27日

5/27Gv

先週に引き続き、Andanteさん(たぬダンテ)に呼ばれてのGvでした。
参加した方おつかれさまでした&ありがとうございました。

南で対戦相手を募集したところ星霜光宙さんところから話があったとかで、対抗戦?準備のため呼んでもらって参加しましたが、対抗戦の話自体はお流れになったそうです。
お流れにはなったものの、F2では交戦。当初の予定通り?ではあったのでこれはこれでよかったのか。

全体偵察からスタートして、ちょこちょこ動き回って、N2から。
N2は同盟の突撃たぬっ砦だけども、今回の使用ギルドがDolceだったので攻めから。
ドワ防衛で、途中からD-Bladeなども追加されて対抗戦?な雰囲気もあったり、攻めにしても位置的に挟まれるところだったりで、すぐ転戦。
でもここは、すぐ転戦で正解だったと思うます。

F2。
守護石攻めからスタート、防衛は星霜光宙・JORMUNGANDR・Inviolabilityで星霜が城主。
守護石は広場からラインが引いてあって、積極的に逆撃を仕掛けてきていた。
押し引きを軸にしていたようなので、修羅に残影で抜けてもらって守護破壊で終了。
ガチ平地の押し引きは俺自身もあまり得意じゃないのもあるけど、有利に持っていけるような考え方は作っておきたいなぁ。

水路。
ここ1ヶ月の対戦から、どう水路の使い方をアレンジしてくるかと期待してたけど・・・後衛が正面、前衛が外周右の構えのみ。
正面を押さえてしまえば外周から包囲に持っていけるので、配置の意味を理解してないと結構脆いんですよね。
正面右の後衛があまりいなかったこともあるし、外周制圧できたことも結構あった。
押し込めるか?ってところで、X-Ratedや天華斬月がきてしまい乱戦に。
水路は乱戦のまま押して、3バリケ~ERもDolce側で主導権は握ったまま押して、エンペは・・・!ってところで天華斬月に割られた。
このままガチでやりあっても落とせてたんじゃないかとは思うんだけど・・・惜しかった。非常にもったいなかった。

追記。
排除し合いこそあれど共闘した憶えはありゃしませんが、実際に水路やERを落とす決定打を取れたか、そして内容的に積み重ねられるものを残せたか。
手応えはあったからそれでいい話です。

後はF4とV1確保しておしまい。

さてさて。
Trudr鯖の状況もいろいろ動いていて、水面下での交渉も進んでるかと思います。
仲間内で固まってある程度の人数のグループということで戦力維持をしていますが、しばらくは様子見ですねぇ。  

Posted by crut at 23:12Comments(0) RO 

2012年05月20日

5/20Gv

La durataが休止凍結になりましたんで今週は自由行動でした。

・・・Laの休止凍結に際しての一週間は、良くも悪くもいろいろな事情を知ったなぁと。
それでも話せたことは良かったし、余計なことをした感もあるし、それでもそこそこな着地点には降ろせたとは思います。
最後ってわけじゃないでしょうが、おつかれさまでした。

後継を作成することは断念をする、を結論としてメンバー散らばりましたのでいろいろなところに行ったのではないかと思います。
いろいろなことに振り回されていた一週間だったので、最も近い人たちに今後の相談をできたのも土曜日の夜になってしまい、まったく動ける暇もなかったというのがアレでした。
ギルドとしての看板とかを背負うには人数規模も、望まないにしても責任やら期待やらも大きすぎるのがありますので、休止凍結以外のまとまった行動はこれにておしまいですね。
(元々内部では、名乗る必要はまったく無く、実力を付けていくにつれて後継的な扱いにはなるんじゃないかとは話してたんですが、どうにも難しい話ですよねぇ。)

来週からは、個人かグループとして参加していこうかと思います。
一日一日状況が変わるので、どうなるかなー。  
Posted by crut at 02:21Comments(0) RO 

2012年05月14日

5/13Gv

とりあえず速報的には、完全防衛でした。
流れとしては、守護石は乱戦の中で割られて水路へ。
水路は今までのノウハウの蓄積を活かせた方が勝ったという結果でした。

では内容。

守護石に関しては、守護石に修羅なり火力なりが触ってワンチャンスで破壊でOKなので阻止するとしたら全部が全部を止める・排除できないといけないことと
F2の守護部屋が上下分岐、四方からの通路と微妙すぎる構造なので、いつの間にか壊されて守りきれませんでした。

問題の水路。
ノウハウの蓄積というのは水路正面の広場の主導権を握るための押し引きであったり、配置であったり、装備であったり、まあいろいろです。
旗復帰位置を使ったり、水路外周で通過するにはどこを通るか、残影修羅がどこで一呼吸入れるのか、とかその辺を見切った上で対抗策を置いたりもしたし。
なんでしょうねぇ、まだまだF2水路には伸び白があるんじゃないかと思います。
Nirvana時代からやりあってきた水路というのは右上がメイン戦場でしたし、La durataは水路正面からの騎兵の分離をメインに各個撃破を狙いにしましたし。

実際の戦闘では前回までと同じくStB、位置ずれからのコメット、子守唄、ステイシス?は位置ずれできるのか忘れたけども。
その辺りを軸にLPを置き、前衛で蹂躪する方向で水剣側が攻めてきてました。
頭の上に綺麗な星が4つも見えるぞーと思ったらヒバムWL込みのコメット最大4連射!とか、とんでもない削り方(と、ステイシス)で内周側を削ってから前衛同士の平地に持ち込もうとしてましたね。
俺の居たのは外周部なので一発辺り17kで即死には至らない数字ですが、WSP連打してなかったら2発、3発になると危なかった。
しかし、なんといっても詠唱陣が見えてから華麗に範囲外に歩いて避けるシキさんが見事過ぎた。

21時40分過ぎくらいまで?戦って相手は諦めて転戦。2バリケちゃんが無事で済む防衛でした。

結局のところF2は11月前後のFreya頂上決戦(La vs ドワ連)と、Freya大規模戦(La vs Freya中堅同盟)が(俺の中では)ベースになっているので
Freya鯖での激戦の末に編み出されたというのは間違いないことです、はい。んでこの1カ月でさらに変化するだと・・・!?な展開。
みるひー他、いろいろ相談に乗ってもらったりもしたけどねー。

さてさて、今週をもって統合後にFreya上位として組んで戦おうって「4同盟」はおしまいになります。
F2に限定された戦闘ではありましたが、3勝1敗という好成績を残せたのは立案されてきた方々、直接参加された前衛、中衛、後衛の全ての職のそれぞれの人の奮闘、後方警戒・封鎖を担当してくれたギルド、全ての結晶でしょうね。
おつかれさまでした、と共にありがとうございました。

あ、La durataも解散みたいです。来週以降どうなるんでしょうね。
ギルド募集するのか売り込みに行くのか、いきなりお先真っ暗で困ったもんです。
Laに関しての雑感なんかは後で書くかもしれないし、触れずに置くかもしれません。  
Posted by crut at 01:08Comments(0) RO 

2012年05月06日

5/6Gv

おつかれさまでした。
F2奪還、防衛と最高の結果を出せました。何より裏方を引き受けてくれたふんわりさんには感謝です。

守護石攻防、水路攻略、苦戦はしたんですがワンチャンスで崩せるのはお互い様でした。
大規模戦でも基本的なことは同じなので、セオリーを守りつつ効果的な一手を打てるか、そんな感じすね。
ガチ平地も水路の攻防戦もある程度手応えは掴めたんじゃないでしょうか。
それでも勝負ができたのは下支えしてくれたふんわりさんのおかげですよ。

個人的には死にまくったので微妙な感じはありましたが、水路防衛はなんとか。
来週はN3攻めになるかわからんですが、目の前のひとつをなんとか取れるように頑張りましょうか。  
Posted by crut at 23:35Comments(0) RO